西武メヒア、“お得意様”撃ちの劇的V弾にも困惑? 「自分でもわからないよ」

西武メヒア、“お得意様”撃ちの劇的V弾にも困惑? 「自分でもわからないよ」

辻監督も満を持しての代打「とっておきだよ。松井にはメヒア」

■西武 5-3 楽天(20日・メットライフ)

 西武のエルネスト・メヒア内野手が20日の楽天戦(メットライフ)で同点で迎えた9回1死一塁の場面で代打で登場。楽天のクローザー・松井から左越え6号2ランを放ち、チームを劇的なサヨナラ勝利に導いた。

 松井が投じた148キロ直球を弾き返した打球が、高く舞い上がって左翼フェンスの向こう側に飛び込んだ。あまりにも劇的な決着だった。メヒアは三塁を回ったところでヘルメットを脱ぎ捨て、ホームで待つナインの元に勢いよく飛び込むと、ウォーターシャワーで祝福された。

 メヒアの対松井は4打数3安打と好相性。しかも、その3安打が全て本塁打。この日は同点で迎えた9回無死一塁から、ピンチバンターの熊代がまさかのスリーバント失敗。だが、送りバントに成功し1死二塁を演出していたとしても、相性を考慮してメヒアが敬遠されていたかもしれないだけに、それさえもツキだった。

 辻監督は「とっておきだよ。松井にはメヒア」と満を持して代打・メヒアをコール。指揮官の期待に最高の結果で応えたメヒアは「(松井は)打ちやすいことはない。彼にとってはハードラックかもしれない。彼はいいピッチャーだ」と話し、相性のよさについて問われると「なんで打てているのか、自分でもわからないよ」と不思議な縁に苦笑いを浮かべていた。バントを失敗した熊代も、「本当に“メヒアサマサマ”。(犠打失敗は)自分を戒めて、頑張らないと」とメヒアに感謝し、抱き合って喜んだ。

 メヒアの劇的な代打V弾でチームの優勝マジックは「4」。最短で22日にも指揮官が2年連続で歓喜の宙に舞う。メヒアは「自分の役割は分かっている。でも、重圧を感じている時間もない」と言葉に力を込めた。最大8.5ゲーム差から大逆転Vへ。いよいよ優勝の2文字の輪郭をはっきり捉え始めた。(安藤かなみ / Kanami Ando)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索