【MLB】ブレーブスが2年連続19度目の地区優勝 「40-30」達成のアクーニャが41号弾!

【MLB】ブレーブスが2年連続19度目の地区優勝 「40-30」達成のアクーニャが41号弾!

1995年以来の世界一へPS進出、アクーニャは史上5人目の「40-40」へあと3盗塁

■ブレーブス 6-0 ジャイアンツ(日本時間21日・アトランタ)

 ブレーブスは20日(日本時間21日)、本拠地ジャイアンツ戦に6-0で快勝し、ナ・リーグ東地区優勝を決めた。2年連続19度目の地区制覇。1995年以来24年ぶりの世界一を目指してポストシーズンに挑む。

 ブレーブスは初回にフリーマンの犠飛で先制。3回にアルビーズが中前適時打を放つと、5回にはアクーニャJr.が41号2ラン。ここまで37盗塁で「40-30」を達成したメジャー2年目の21歳は、優勝が決まる一戦でも2安打2打点3得点と輝きを見せた。21歳以下で40本塁打はすでにMLB史上3人目の快挙となっているが、ホセ・カンセコ(1988年)、バリー・ボンズ(1996年)、アレックス・ロドリゲス(1998年)、アルフォンソ・ソリアーノ(2006年)に続く史上5人目の「40-40」達成にも期待がかかっている。

 6回にはマッキャンの12号2ランで追加点。6点差として試合を決めたブレーブス。投げては先発フォルタネビッチが8回3安打無失点7奪三振と快投。8勝目(5敗)を挙げた。

 ブレーブスは昨季、5年ぶりに地区優勝を果たしたが、地区シリーズではドジャースと対戦して1勝3敗で敗退。1999年以来のリーグ優勝、1995年以来の世界一を目指す。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索