【MLB】元日ハム・マーティン、今オフ「最も興味深い」FA救援投手の一人「注目に値」

【MLB】元日ハム・マーティン、今オフ「最も興味深い」FA救援投手の一人「注目に値」

日本ハム時代には「支配的な投球を見せた」、ブレーブスでPO出場へ

 今オフにFAとなるブレーブスの元日本ハム右腕、クリス・マーティン投手が米メディアから「最も興味深いFAのリリーフ」の一人として名前を挙げられている。カージナルスとの地区シリーズ第1戦で、登板前の投球練習で左脇腹を痛めて“緊急降板”し、ロースターから外れた右腕。チームも第5戦に大敗して終戦となってしまったが、オフには注目を集める存在となりそうだ。

 マーティンはロッキーズやヤンキースでプレーしたものの、結果を残せずに2016年に日本ハムに移籍。2016年の日本一に大きく貢献するなど、2勝2敗22セーブ48ホールド、防御率1.12と2シーズンで圧倒的な成績を残し、2018年にレンジャーズでメジャー復帰を果たした。そして、今年7月には地区優勝を争っていたブレーブスにトレードで移籍。今季は2チームで計58試合に登板し、防御率3.25の成績を残した。

 米最大の移籍情報サイト「MLBトレード・ルーマーズ」は「今年の冬の最も興味深いフリーエージェントのリリーフたち」と特集を掲載。今季終了後にオプトアウト(契約破棄)の権利を持つ投手を含めて、直球の平均球速順にリリーバーを紹介しており、マーティンは7位で登場する。平均球速は95.7マイル(約154.0キロ)だ。

 寸評では「彼は日本ハムファイターズのリリーフとして、支配的な投球を見せた。そして、アメリカに戻りレンジャーズと2年契約を結んだが、トレードデッドライン直前にアトランタに移籍した。彼は来年34歳になるが、それでも注目に値するフリーエージェントだ」と評価。FAで注目を集める存在と伝えている。

 なお、記事で平均球速順に登場する今オフ注目の選手は以下の通りだ。

1位 アロルディス・チャップマン 98.4マイル (約158.4キロ)

2位 トレバー・ローゼンタール 98.0マイル(約157.7キロ)

3位 ヘクター・ロンドン 96.8マイル(約155.8キロ)

4位 ダニエル・ハドソン 96.1マイル(約154.7キロ)

5位 アローディス・ビスカイーノ 96.0マイル(約154.5キロ)

6位 ジェイク・ディークマン 95.8マイル(約154.2キロ)

7位 クリス・マーティン 95.7マイル(約154.0キロ)

8位 アンドリュー・キャッシュナー 95.4マイル(約153.5キロ)

9位 ネイト・ジョーンズ 94.9マイル(約152.7キロ)

10位 ドリュー・ポメランツ 94.5マイル(約152.1キロ)(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る