日本Sの出場資格選手40人が発表 巨人、ソフトバンクともに投手19人野手21人

日本Sの出場資格選手40人が発表 巨人、ソフトバンクともに投手19人野手21人

外国人選手も巨人、ソフトバンクともに6人ずつ

 日本野球機構(NPB)は17日に、19日から始まる日本シリーズの出場資格者名簿を公示した。巨人とソフトバンク、それぞれ40人ずつが登録され、試合毎にこの中からベンチ入り25人を決めることができる。

 巨人は投手19人、野手21人を登録。最多勝の山口俊投手や坂本勇人内野手、阿部慎之助捕手らが登録。ベテランの中島宏之内野手や育成から今季支配下に昇格した山下航汰外野手も名を連ねた。外国人はマシソン、メルセデス、ヤングマン、デラロサ、ビヤヌエバ、ゲレーロの6選手となった。

 ソフトバンクもエースの千賀滉大投手や柳田悠岐外野手ら、巨人と同じ投手19人、野手21人が登録。外国人もミランダ、モイネロ、バンデンハーク、スアレス、グラシアル、デスパイネと6人が名前を連ねた。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る