1位の戸村が戦力外で現役の所属選手は「0」に…楽天2009年ドラフト組の今

1位の戸村が戦力外で現役の所属選手は「0」に…楽天2009年ドラフト組の今

2009年のドラ1戸村が戦力外、現役の楽天所属選手はゼロに…

 楽天は18日、6選手に対して2020シーズンの選手契約を行わない旨を伝えた。戸村健次投手は、2009年にドラフト1位で入団。通算107試合に登板して17勝25敗、防御率4.35の成績を残したが、10年目の今季は6試合登板で勝敗なし、防御率6.32に終わり、戦力外となった。

 2009年ドラフトで戸村とともに楽天から指名された選手は、育成契約も含めて6人。10年が経過した今、それぞれの選手の状況はどうなっているのか。

 以下は楽天が指名した2009年ドラフト入団選手。

1位 戸村健次 投手 立教大学 2019年・戦力外

2位 西田哲朗 内野手 関西大学第一高 現役(ソフトバンク)

3位 小関翔太 捕手 東筑紫学園高 2017年・戦力外

4位 高堀和也 投手 三菱自動車岡崎 2016年・戦力外

5位 土屋朋弘 投手 シティライト岡山 2013年・戦力外

育成1位 松井宏次 内野手 長崎セインツ 2011年・戦力外

 戸村が戦力外通告を受けたことで、楽天に所属する現役選手は「0」に。2017年オフにソフトバンクにトレード移籍した西田を除く5選手が、プロ入りから10年以内に戦力外通告を受けた。

 遊撃手の西田は2014年に131試合に出場したが、その後は負傷もあって出場機会を減らし、山下斐紹とのトレードでソフトバンクへ。2018年は内野の全ポジションをこなしてレギュラーシーズン72試合に出場すると、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでは打率.583と活躍し、日本シリーズ出場に大きく貢献した。だが、今季は7試合の出場に終わり、日本シリーズの出場資格者名簿からも外れている。

 3位の小関は5年目の2014年に1軍デビュー。しかし、2016年は7試合の出場に終わると、2017年にはキャンプ前に疲労骨折の手術を受けるなど2軍でも出場はなく、戦力外となった。2018年からは社会人野球の新日鐵住金かずさマジックでプレーしている。4位の高堀は2012、13年の2年間で計27試合に登板したが、2014年は1軍登板がなく、戦力外通告を受けて育成契約に。2016年に戦力外通告を受けて退団した。

 土屋は1年目の2010年に1軍デビュー。2013年までの4年間で計22試合に登板したが、同年に戦力外に。12球団合同トライアウトを受けたが、獲得球団はなく翌年から打撃投手となった。育成1位の松井は支配下契約を勝ち取ることができず、2年目の2011年シーズン終了後に戦力外となっている。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る