ヤクルトが屋宜照悟に戦力外通告 17年に杉浦とトレードで日ハムから移籍

ヤクルトが屋宜照悟に戦力外通告 17年に杉浦とトレードで日ハムから移籍

ヤクルトは第1次通告期間で5人を戦力外に

 ヤクルトは23日、屋宜照悟投手に戦力外通告を行ったと発表した。ヤクルトは第1次通告期間で村中恭兵投手、大引啓次内野手ら5人に戦力外通告を行っていた。

 屋宜は2012年のドラフト6位でJX-ENEOSから日本ハムに入団。13年に3試合、15年に18試合に登板したものの、16年は登板機会がなく、17年7月に杉浦とのトレードでヤクルトに移籍。17年に1試合、今季も1試合に登板したが、結果を残せなかった。(Full-Count編集部)


関連記事

おすすめ情報

フルカウントの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る