盗塁成功数の上位とは顔ぶれが異なる盗塁企画率のランキング

 野球ファンが「盗塁」を話題にするときに持ち出すのは、「盗塁数」や「盗塁成功率」といった数字だろう。「年間50盗塁」や「盗塁成功率9割超え」という言葉を耳にすれば、誰しもが盗塁のうまい、俊足の選手をイメージするのではなかろうか。

 当然のことながら盗塁は走れば全て成功するという訳ではない。今季、パ・リーグの盗塁王に輝いた西武の金子侑司外野手も、41盗塁を決めた一方で10盗塁死を記録している。ここで注目したいのは、盗塁と盗塁死を加えた「盗塁企画数」だ。成功はもちろんのこと、失敗も含め、塁上からバッテリーにプレッシャーをかける機会が多いことは、それだけでチームへの大きな貢献となることだろう。

 そこで今回は、この盗塁企画数に注目して、各選手が「どれほど積極的に盗塁したか」について検証してみたい。これを考えるに当たり、「盗塁数+盗塁死数」によって算出する「盗塁企画数」をもとに、下記の式を用いて「盗塁企画率」を算出。

盗塁企画数 /(安打数+四球数+死球数+代走起用数−本塁打数)

 もちろん、走者の状況や場面ごとに、盗塁できるシチュエーションかは異なってくるが、今回は上記の式で大まかなイメージとしてつかんでもらいたい。まずは、今季の盗塁数上位10傑を紹介する。

○盗塁数ランキング
1位:金子侑司(西武)41盗塁
2位:源田壮亮(西武)30盗塁
2位:福田周平(オリックス)30盗塁
4位:荻野貴司(ロッテ)28盗塁
5位:周東佑京(ソフトバンク)25盗塁
6位:外崎修汰(西武)22盗塁
7位:西川遥輝(日本ハム)19盗塁
8位:木村文紀(西武)16盗塁
9位:辰己涼介(楽天)13盗塁
9位:岡大海(ロッテ)13盗塁

 自身2度目の盗塁王に輝いた金子が41盗塁でトップ。2位には、同じく西武に所属する源田と、1年目の16盗塁から大きく数を増やしたオリックスの福田が入った。4位以降にも、10年目にして初の規定打席に到達したロッテの荻野や、侍ジャパンでも代走から快足ぶりをたびたび見せつけた周東など、俊足自慢の選手が並んでいる。

盗塁数で2位の源田は企画率では6位、4位の荻野は11位に

 では、これが盗塁の積極性という面から見るとどのように入れ替わるか。10盗塁以上を記録した選手の「盗塁企画率」ランキングを、6位まで一気に見ていきたい。なお、選手名の隣には「盗塁企画率」の数値、()内には盗塁企画数と、本塁打を除いた出塁数をそれぞれ記した。

○盗塁企画率ランキング(6位〜19位)
6位:源田壮亮(西武)20.7%(39/188)
7位:牧原大成(ソフトバンク)20.2%(23/114)
8位:釜元豪(ソフトバンク)20%(12/60)
9位:大城滉二(オリックス)19.4%(21/108)
9位:上林誠知(ソフトバンク)19.4%(14/72)
11位:荻野貴司(ロッテ)19.0%(38/200)
12位:安達了一(オリックス)18.5%(12/65)
13位:岡大海(ロッテ)17.9%(14/78)
14位:中島卓也(日本ハム)17%(17/100)
15位:外崎修汰(西武)14.9%(28/188)
16位:辰己涼介(楽天)13.2%(16/121)
17位:中村奨吾(ロッテ)10.7%(18/168)
18位:西川遥輝(日本ハム)9.7%(24/248)
19位:秋山翔吾(西武)8.1%(20/246)

 盗塁数ランキングでは2位に付けていた源田が6位、同じく4位だった荻野は11位となった。この2選手は年間を通して上位打線に座り続けたこともあり、ともに200前後の出塁数を記録。ともに7割を超える成功率を記録しており「5回に1回走ってくる」だけでも、相手バッテリーに大きなプレッシャーを与えていたことだろう。

 7位の牧原、9位タイの大城は、成功率こそ5割前後に落ち着いたものの、積極的な走塁を見せて盗塁企画数はともに20個を超えた。「盗塁数」という形では数字に現れていないものの、果敢に仕掛ける走塁を印象付けてチームに貢献したと言えそうだ。

 一方で、西川や秋山は4割に迫る高い出塁率を記録。ともに直後を打つのが大田、源田と頼れる打者であったこともあり、盗塁企画数は落ち着いた数になった。分母となる出塁数が増え、盗塁企画の回数が少なかったこともあり、盗塁企画率はともに10%を下回る数値となった。

周東は44.1%の割合で盗塁を企画、佐野は32.6%

○盗塁企画率ランキング(1位〜5位)
1位:周東佑京(ソフトバンク)44.1%(30/68)
2位:佐野皓大(オリックス)32.6%(15/46)
3位:金子侑司(西武)30.5%(51/167)
4位:福田周平(オリックス)23.0%(44/191)
5位:木村文紀(西武)22.5%(25/111)

 1位の周東は、代走の機会が40回を超えていたこともあり、出塁数(22)を大きく上回る盗塁企画数(30)を記録。代走起用回数を含めた今回の計算でも、盗塁企画率は驚異の40%超えを果たした。2回に1回とも言えるペースで盗塁を仕掛ける姿勢は、国際舞台でも発揮され、2019年はその胆力と並外れた俊足の合わせ技で大きな飛躍を遂げた。

 そして、盗塁数ランキングでは12位タイだったオリックスの佐野が2位にランクイン。こちらも代走の出場が16回と多かったが、何より目立つのは15回の盗塁企画で12回の成功と8割の成功率を記録している点だ。30%を超える確率で盗塁を仕掛け、なおかつ8割の確率で盗塁を成功させるとあらば、バッテリーにかかるプレッシャーも相当なものだったろう。今季は打率.207と振るわなかっただけに、来季は打撃を向上し、さらに塁上を駆け回ってほしいところだ。

 そして今季の盗塁王、金子は3位にランクイン。盗塁企画数はリーグトップの51個を記録し、企画率も30%超えと、リーグ屈指の韋駄天として貫禄を見せた。成功率の面でも、前回盗塁王を獲得した2016年から.757→.758→.744→.804と伸ばしており、パ・リーグにとどまらず日本が誇る快足打者として成長を続けている。

 続く4位はオリックス・福田。ルーキーイヤーの2018年は16盗塁だったのに対し、2019年は倍近い30盗塁を記録した。盗塁企画数も、前年の25個から44個と大きく増やし、成功率も.640から.682へと向上させた。好守に気迫溢れるプレーでチームを率いる福田は、走塁面にも積極的な姿勢を見せていたと言えそうだ。

 5位は西武の木村だ。自身初の100試合出場を達成した2014年以来となる2桁本塁打(10本)を記録すると、走塁面でもキャリアハイに並ぶ16個の盗塁を決めた。しかし、同じく16盗塁を記録した14年は28.6%だったのに対し、今季の盗塁企画率は21.7%と振るわず。自身最多となる130試合に出場し進境を見せた今季であったが、来季は打撃に、走塁に、さらなる活躍を期待したい。

 ここまで見てきたように、「盗塁企画率」という切り口から順位を見ると、盗塁数のランキングとは異なった特徴があることが分かった。「盗塁がうまい(成功率が高い)」ことはもちろん評価できる点だが、塁に出た場面でより積極的に次の塁を狙う姿勢も、チームにとって大きな価値がある。

 周東のような盗塁のスペシャリストもいれば、福田のように果敢な走塁でチームを勇気づける選手もいる。成功率や盗塁の数といった表に出る記録の裏では「盗塁を仕掛ける」胆力が試されているとも言える。今回の計算は、あくまで細かな場合を省いた大まかな数値だが、盗塁の新しい見方と感じていただければ幸いだ。(「パ・リーグ インサイト」成田康史)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)