最速166キロ右腕と「プレミア12」出場の有望株のレアショット

 エンゼルスのトッププロスペクトに位置付けられるジョー・アデル外野手が、レッズの有望株ハンター・グリーン投手との2ショットを自身のインスタグラムに投稿し、ファンから注目が集まっている。

 グリーンは2017年にドラフト1巡(全体2位)で指名された有望株で「オールスター・フューチャーゲーム」で最速166キロをマークした元“二刀流”。昨季、右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を受け、10月に投球を再開していた。

 そんなグリーンと笑顔で並んだアデルは「凄く誇りに思っているよ、ブラザー!!! 2年連続でフェスティバルに参加できて嬉しいよ! 愛しているよ。数週間のうちにまた会おう!」と綴った。

 アデルのこの熱いメッセージにグリーンも「大好きだよ、G!」とコメント。またMLB公式アカウントもこのやりとりに注目し「ザ・フューチャー」とコメント。ファンも「ジョー、君は史上最高」「2人の将来のスーパースター!!!! メジャーで彼らの姿を見るのが待ちきれない!!!!!!」と胸を高鳴らせていた。(Full-Count編集部)