ケレニックの超絶バットコントロールで飛ぶ的に命中させる

 マリナーズのジャレッド・ケレニック外野手の神業が注目を集めている。MLB公式サイトのコーナー「Cut4」が投稿したのは、室内練習場で“ある”挑戦を行うケレニックとスタッフの動画。スタッフは手にフリスビーを、ケレニックはバットを構えている。

「これはどんな魔術ですか?」と投稿された動画。スタッフがフリスビーを勢いよく二塁方向に投げると、ケレニックはティーバッティングスタンドのボールを振りぬき、ボールはフリスビーに命中! タイミングもコントロールもぴったりで、まさに奇跡のような打球となっている。

 これには動画のケレニックとスタッフのみならず、ファンも大騒ぎ。

「左中間に100個のボールが見えるから、おそらく成功させるために何度もやったんだろう」

「カノには決してできない」

「爆笑 メッツは彼と年のいったエドウィン・ディアスとロビンソン・カノをトレードしたんだ」

「簡単なことだ 誰かがゴミ箱を叩くと、フリスビーがどこに向かっているのか分かるんだから」

「彼はスイングのタイミングが分かっていたし、明らかにブザーをつけていたな」

「マリナーズは2020年のワールドシリーズチャンピオン確実だ」

「何回かかったの?」

 あまりのすご技に、“サイン盗み”に絡めて茶化す人や、2018年オフに行ったメッツとマリナーズの大型トレードを引き合いに出す人も続出した。(Full-Count編集部)