評論家の野口寿浩氏は「大野に続く先発陣の頑張りが必要」と分析

 中日は23日、本拠地でヤクルトに11-5で勝ち、5連勝を飾った。83試合を終えて、38勝40敗5分でリーグ4位。首位巨人には14ゲーム差と大きく水を開けられているが、2位阪神とは2.5差、3位DeNAとは1差と、射程圏内に位置している。7年連続Bクラスからの脱却を目指す中、残り37試合で何が必要なのか――。現役時代にヤクルト、日本ハム、阪神、DeNAで活躍し、2018年まで2年間、ヤクルトでバッテリーコーチを務めた野球評論家の野口寿浩氏は「先発投手の頑張り」だと断言する。

 23日現在、中日のチーム防御率はリーグ4位の3.80。一方、打線は打率.244、46本塁打、290得点、20盗塁といずれもリーグ最下位。だが、ここにきて打線の調子は上向いており、野口氏はエース大野以外の5人の先発陣が試合を作ることが、今後Aクラス入りに向けて必要になってくると説く。

「中継ぎは谷元を含め、祖父江、福、ライデル・マルティネスと、勝ちパターンで投げる4人が安定している。だから先発投手は5、6回までしっかり投げればいい状態。大野雄大は中継ぎを休ませられるから、ほかの5人がどれだけ頑張れるか。福谷は安定してきたが、柳はまだ投げてみないと分からない。去年いなかった松葉がいることはプラスだが、この3人を足してもまだ2人足りない。今年はCSがないので、チームはAクラス入りを目指しつつ、来季を見据えて若い投手を育てていくことも必要。そういう状況の中で、勝野、岡野、梅津、山本らがもっと頑張ってアピールしないといけない」

 打線は現在、大島、高橋が3割を打っており、ビシエドとともにアルモンテも機能し始めた。野口氏は「平田も打ち始めたし、投手次第では、他球団にとって今の中日は嫌な相手。それくらいの充実度はある」と、この日11得点を挙げた中日の打撃陣を評価する。打線、そしてリリーフ陣が結果を残しているだけに、大野に続く先発陣が台頭してこれば、Aクラス入りも現実味を帯びてくるという訳だ。

正捕手の台頭も必要…野口氏はルーキー郡司と高卒2年目石橋に期待

 そして捕手出身の野口氏は、来季以降、優勝を狙えるチームをつくっていくためは、正捕手の台頭も必要になってくると強調する。

「今の中日はまだ正捕手を誰にするか、決めかねているが、捕手がコロコロ変わると上を目指すは難しくなる。捕手を育てるのは何年もかかるし、腰を据えて育てていってほしい」

 今年の中日はこの日の木下拓をはじめ、郡司、加藤、アリエル・マルティネスらがマスクを被っているが、スタメンは日替わりだ。そして野口氏は大卒ルーキーの郡司、高卒2年目の石橋に注目しているという。

「木下が守ると一番落ち着くが、将来を考えたら若い郡司、石橋の2人が争って欲しい。そして、木下をバックアップ捕手や抑え捕手として使えるようになると中日は強くなる。石橋はヘッドコーチの伊東さんも『捕手としていいものを持っている』と言っているし、郡司も大学ジャパンで正捕手だった選手。若い捕手が頑張ってポジションを掴み、向こう何年かは安泰となれば、それはチームの強さになる」

 さらに野口氏は、伊東勤ヘッドコーチ、中村武志バッテリーコーチの2人の指導者を、若手捕手たちがより有効活用していくことが必要だと言う。

「せっかく正捕手だった人が2人もコーチとしているんだから、選手たちはそれを幸せに思って、貪欲に勉強して欲しい」

 野口氏も現役時代、球界屈指の名捕手だった谷繁元信氏(現野球評論家)が正捕手を務めていた時の中日戦は、谷繁氏の頭脳に苦労したという。

「野村さんも『優勝チームに名捕手あり』と言っていたが、本当にそうだと思う。中日も優勝した時には谷繁さんがいたし、あの時は中日と対戦するというよりも谷繁さんと対戦するという感じだった。そういう捕手が出てきて欲しい」

 先発陣の台頭、そして正捕手争い――。バッテリーが強固なものになっていけば、中日の今季のAクラス入り、そして来季以降の優勝争いと、夢も広がっていくはずだ。(Full-Count編集部)