指名を公表していたロッテ、ヤクルトに加え西武と楽天も入札

 2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルでリモート開催され、早大の早川隆久投手は楽天が交渉権を獲得した。事前に指名を公表していたロッテ、ヤクルトに加えて西武と楽天も1巡目で入札し、4球団競合に。石井一久GMがくじを引き当てた。

 木更津総合から早大に進学し、1年春からリーグ戦に登板。3年春からエースとなり、秋に行われた日米大学野球では最優秀投手賞に輝いた。今年はエースでありながら、主将も務める。最速155キロを誇る本格派左腕で、東京六大学通算12勝をマークしている。(Full-Count編集部)