広島ドラ6の矢野は安堵の表情「1年目からゴールデングラブ賞を」

 2020年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで開催され、東都の強豪・亜大から3選手が指名された。平内(へいない)龍太投手が巨人1位、内間拓馬投手が楽天4位、矢野雅哉内野手が広島6位指名を受けた。内間は、侍ジャパン大学日本代表の一員として一緒に戦った早川隆久投手(早大)とチームメートに。ライバル心を表した。

 最速150キロを誇る内間は侍ジャパンで早川と2週間を過ごした。「考え方がストイック」と1位指名左腕に敬意を表した上で、「チームメートですし、負けていられない。競争に勝っていけたら」と力を込めた。沖縄県出身(宜野座高卒)の内間は同郷で、大学の大先輩である鷹・東浜巨当初を憧れの存在に挙げる。

「大学の方からよく(東浜の)話を聞いています。野球だけではなく授業の姿勢や私生活から野球につながる行動などいい例として挙げられることが多い。そういう選手になりたい」とうなずいた。

 プロ志望届を出した3選手の中で最後に指名されたのが矢野雅哉内野手。広島に6位指名され、安どの表情を浮かべた。「不安でしたけど、ホットしています」。173センチ、71キロと小柄だが、強肩が売りの遊撃手。1年目からレギュラー奪取だけではなく、“賞”の獲得も見据える。「深い位置からゴロをさばいてアウトにする肩が一番の売り。1年目からショートのレギュラーになって、ゴールデングラブ賞をいただきたい」と意気込んだ。

 3人がそろっての指名となり巨人1位の平内も笑顔。「3人が一緒に指名されたのが一番良かった。いずれは1軍で対戦したい」と力を込めた。(片倉尚文 / Naofumi Katakura)