自宅の部屋には勇人グッズ「坂本さんを見て育ってきた」

 2020年度の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルでリモート開催され、中京大中京の中山礼都(らいと)内野手は巨人が3位で指名した。走攻守の三拍子揃った左打ちの遊撃手。「指名されてよかった。まずはホッとしています。日本一の球団なので、戦力になれるように頑張りたい」と、目を輝かせた。

 名古屋市出身だが、小3の時に東京ドームで巨人戦を観戦し、遊撃手・坂本勇人の虜になった。それ以来の坂本ファン。自宅の部屋には、その時買ってもらった坂本のユニホームやタオルなどのグッズが今も飾ってあるという。

「巨人が好きで、坂本さんを見て育ってきた。(指名されて)まずは坂本さんのことを思い浮かべました。坂本さんは打てるショートとして憧れの存在。バッティングもすごいし、内野のさばき方も超一流。参考にさせてもらい、追いつき、追い越せるように頑張りたい」。早くも弟子入りを志願した。

「礼都」の由来…イチローや高橋由伸ら右翼(ライト)に一流選手が多数

 父慎也さんが名付けた「礼都」の由来は、イチローや高橋由伸ら、日本には右翼に一流の選手が多かったことからだという。中山は、その高橋由伸の打撃を参考にしてきたといい「(同じ左打者だった)高橋さんは超一流と言われている方で、柔らかいバッティングが魅力的。ミート率が高く、映像を見て、フォームをすごく参考にさせてもらっています」と、声を弾ませた。

 中京大中京の高橋源一郎監督は中山について「野球小僧で向上心がある。1年生の時から朝6時からノックを受け続けてきた。バットコントロールに優れていて、ボールのコンタクトがうまい」と評価しており「(同校OBで広島でプレーする)堂林に匹敵するところはある。守備力もあるし、スピードも付いてきている。まだまだ伸びしろもあるし、スケールの大きな選手になってほしい」と、巨人での活躍を願った。

 中山のプロでの目標はトリプルスリーを達成することだ。「打って守って走れる選手になれるように頑張りたい」。巨人は若手の育成に力を入れており、厳しい練習が待っているが、すでに阿部2軍監督が選手たちにやらせているメニューは「動画を見て取り入れているので、想定できている」と、予習もバッチリだ。

 ちなみに「今までは遊撃でプレーしたかったので、右翼でプレーしたいと思ったことはない」というが、巨人では出場機会を得るために、どのポジションでも守るつもりだ。中山は「プロではそんなことは言ってられない。外野もどこでもできるように準備します」と話しており、基本はショートだが、「右翼・礼都」が実現する日が、いつかくるかもしれない。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)