ソフトバンクは内川が退団、4選手に戦力外通告

 ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。新型コロナウイルスによって開幕が遅れ、120試合制で行われた激動のシーズンが終わり、オフとなった。ここからは各球団の来季の編成などのストーブリーグが球界の話題の中心となる。

 日本シリーズも終わり、今季の戦力外通告期間も27日をもって終了となった。今年も多くの選手に通告がなされ、それぞれの選手が人生の岐路に立たされた。毎年ファンにとって辛く寂しい季節ではあるが、これも厳しいプロ野球の世界の常。来る者がいれば、去らざるを得ない者もいる。

 そこでここでは戦力外通告期間を経て、各球団の70人が上限となっている支配下登録枠にいかなる変化があったのか。ここまで発表になっている外国人選手の去就や現役引退する選手、自由契約となった選手なども含めてみていこう。今回はパ・リーグ編だ。

・ソフトバンク(68人→68人)
減:5選手
増:5選手

 4年連続で日本一に輝いたソフトバンクは、今季1軍昇格のなかった内川聖一内野手が退団。2013年ドラフト1位の加治屋蓮投手や2017年ドラフト1位の吉住晴斗投手ら4選手が戦力外通告を受けた。一方でドラフトでは1位の井上朋也内野手ら5選手を指名し、現状で支配下枠は68人で増減なし。ただ、ムーアやバンデンハークといった外国人選手の去就が不透明な部分が残っており、股関節の手術を受けたサファテの動向も気になるところだ。

・ロッテ(70人→68人)
減:7選手
増:5選手

 今季は2位でクライマックスシリーズに進んだロッテ。このオフは大谷智久投手や内竜也投手、細川亨捕手ら7選手に戦力外を通告。細川は今季での現役引退を決めた。一方でドラフトでは法大の鈴木昭汰投手ら5選手を指名。現時点で支配下登録枠は2人減の68人となっている。ただ、チェン・ウェイン投手の去就が不透明など、この後の動きにも注目だ。

西武は現時点で増減なし、楽天は3人減って67人に

・西武(67人→67人)
減:8選手
増:8選手

 2年連続のリーグ優勝から一転して、今季は苦戦を強いられた西武。このオフは高橋朋己投手が現役を引退し、相内誠投手や野田昇吾投手ら8選手に戦力外を通告した。一方でドラフトでは桐蔭横浜大の渡部健人内野手を1位指名するなど7選手を指名。日本ハムから吉川光夫投手をトレードで獲得した。支配下登録選手はプラスマイナスゼロで現状67人となっている。

・楽天(70人→67人)
減:9選手
増:6選手

 来季から石井一久GMが新監督も兼任することになった楽天。このオフは渡辺直人内野手、久保裕也投手、青山浩二投手とチームを支えたベテラン3人が引退。由規投手や2017年ドラフト1位の近藤弘樹投手ら6選手が戦力外を通告された。ドラフトでは1位の早川隆久投手ら6人を指名。支配下登録枠は3人減って67人。今後、外国人選手の動向で増減があるか。

・日本ハム(69人→67人)
減:9選手
増:7選手

 Bクラスの5位に沈んだ日本ハムは栗山英樹監督の続投が決定。来季が節目の10年目となる。オフは東大卒の宮台康平投手ら6選手が戦力外となり、浦野博司投手が引退。クリスチャン・ビヤヌエバ内野手は退団となり、吉川光夫投手は西武にトレードとなった。9選手が支配下枠から外れる一方で、ドラフトでは伊藤大海投手ら6選手を指名。ロニー・ロドリゲス内野手の獲得も決まっている。支配下選手は2人減って67人になった。

・オリックス(67人→63人)
減:10選手
増:6選手

 最下位に沈んだオリックスは中嶋聡監督代行が正式に新監督に就任。このオフは東明大貴投手や白崎浩之内野手、近藤大亮投手ら9選手が戦力外に。山崎勝己捕手が現役を引退し、支配下登録から実に10人が外れることになった。その一方でドラフトでは山下舜平大投手ら6選手を指名。現時点で今季終了時から支配下登録選手は4人減って63人に。枠にはまだ十分な余裕があり、今後の補強に注目だ。(Full-Count編集部)