12球団それぞれ4人ずつの代表プレーヤーがリーグ優勝&日本一目指す

 12月5、6日にそれぞれセ・パ両リーグで開幕を迎える「eBASEBALL プロリーグ」。3年目を迎える2020シーズンに先駆け、今回は競技のルールと「eBASEBALL プロリーグ」ならではの面白さを紹介する。プロ野球はソフトバンクの4年連続日本一でシーズンを終えたが、オフは“もう一つのプロ野球”にもご注目いただきたい。

「eBASEBALL プロリーグ」とは、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントが共催するプロ野球eスポーツリーグだ。「eペナントレース」を戦うのは、昨シーズンから継続契約のプレーヤー22人に加え、プロテストを乗り越えeドラフト会議で指名された26人の計48人の精鋭たち。12球団それぞれ4人ずつの代表プレーヤーが、1つのチームとしてリーグ優勝、日本一を目指す。

 競技には「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」(以下、パワプロ2020)が使用される。「パワプロ」という愛称でも知られ、ペナントレースの体験、オリジナル選手の作成などさまざまな野球体験ができる人気ゲームシリーズだ。パワプロには実在する12球団の選手のデータが収録され、プレーヤーたちは各球団の選手データを使用して試合を行う。

 パワプロの世界の選手たちは、同ゲームのマスコットでもあり主人公でもある「パワプロくん」のデザインを元にした愛らしい2頭身のキャラクターとなって登場。顔だけでなく、打撃や投球フォームなども似せて作られている。

 試合中に注目して欲しいのは「選手能力」。パワプロでは実際の選手らしさを再現するために「能力」と「特殊能力」を設定している。能力にはさまざまな項目に数値とそれに応じたGからSまでのランク付けがされ、能力だけでは表現できないプレーの個性は特殊能力で表される。良いところも悪いところも再現された選手たちの能力は要チェックだ。

 そして現実と同じく、試合ごとに選手の「調子」が変動。「絶好調」「好調」「ふつう」「不調」「絶不調」の5段階で表され、調子が良ければ能力が上がり、悪いと能力が下がる。特殊能力の発動にも関わり、この好不調によってスタメンを入れ替えるというプレーヤーも多い、重要なパラメーターとなっている。

 また、eペナントレース期間中は「球団OB」として事前に定められた各チーム3人の監督・コーチを選手として起用できる(シーズン中1選手2回まで使用可能)。OB選手は現役選手よりも総じて能力が高く設定されている傾向があり、切り札的な存在となることも多い。「eBASEBALL プロリーグ」ならではの夢の共演としても、戦力としてもどのように起用されるのか、注目していただきたい。

選手が“強いチーム”が勝つわけではない。プレーヤーに求められるスキル

 プロ野球選手の能力が再現されるならば、強いチームを使えば勝ちやすいと考える人も少なくないだろう。しかし、昨シーズンのパ・リーグのeペナントレースでは実際のプロ野球で4位だったロッテが優勝。逆に2018シーズンに優勝した西武が最下位に沈んだ。“強いチーム”ではなく、その力を最大限に引き出すことのできるプレーヤースキルが求められる。

 パワプロで操作するのは投球、打撃、走塁、守備とプレーに関するすべてだ。そしてプレーの中では約0.017秒の間にボタンを押さなければならない技「ナイスピッチ」など、見た目以上に繊細な操作も要求される。そして選手を操作するだけでなく、オーダーや守備陣形を決めるなどといった作戦を考えるのもプレーヤー。プロ野球だけでなくパワプロに関する知識も重要になってくる。

 そんな高度な操作技術と知識を持ち合わせたプロプレーヤーたちの戦いは本物のプロ野球さながらの緊張感。その様子はぜひ配信でご覧いただきたい。プロ野球OBなど豪華ゲストも登場する配信は「パーソル パ・リーグTV」でも配信予定だ。

 5、6日に初日を迎えるeペナントレースは、総当たりのリーグ戦と他リーグ6球団と総当たりの「セ・パe交流戦」によって構成され、計21試合の成績によって順位が決定される。各リーグ3位までの3チームは「eクライマックスシリーズ」に進出し、トーナメントを勝ち上がった両リーグの代表チームが日本一をかけた「e日本シリーズ」に出場する。詳細な日程は以下の通り。

○eペナントレース
開幕戦:12月5〜6日
第2節:12月8〜13日
第3節:12月29〜31日
第4節:1月1〜3日
第5節:1月5〜10日

○セ・パe交流戦
前節:12月15〜20日
後節:12月22〜27日

○eクライマックスシリーズ
ファーストステージ:1月16日
ファイナルステージ:1月17日

○e日本シリーズ
1月23日

※「セ・パe交流戦」につきましては、収録の都合から、「前節」と「後節」の一部の試合で配信が前後します。(「パ・リーグ インサイト」丹羽海凪)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)