スウェーデンのデベロッパーSystemic Reactionは、現在早期アクセス期間中のオンライン協力プレイ対応アクションシューター『Second Extinction』のプレシーズン2を予告するトレイラーを公開しました。3D Realms開発のシューティング『Duke Nukem』シリーズ主人公の声優で知られるJon St. Johnがナレーションを当てた本トレイラーでは、12月に開始となるプレシーズン2とクリスマスの到来を、ロケットランチャーの実装と共に迎えることを示唆する内容となっています。フィードバックの反映やゲームの修正、改善を目的とした「Supply Drops」および敵や変異タイプ、ヒーローや武器、装飾品等の新要素に焦点を当てた「Pre-Seasons」の2つのパターンのアップデートを交互に実施して行う予定の今後のロードマップによれば、12月からの「The Hornet's Nest」と題されたプレシーズン2では、小規模なミッションを楽しめるExpedition Mode、新たなタイプの恐竜やロケットランチャー、新コントラクトやエマージェンシーイベントが実装予定となっています。先の11月に実施された「Supply Drops」アップデートでは、協力プレイが簡単すぎるというフィードバックに先に対応し、ミッションの難易度設定を追加したものの、小規模な開発チームのための取捨選択の結果で、難しいと声が寄せられているソロプレイへの対応計画もあるとのこと。プレシーズン2で実装予定の「Expedition Mode」では、難度の異なる一口サイズのコンテンツを楽しめることが補足されています。またオンラインマッチメイキングについても細かい設定の実現を検討しているとのことです。定期的なアップデートで長く楽しめる完成度を目指す『Second Extinction』は、現在PC版の早期アクセスがSteamにて2,570円で実施中。2021年にはXbox One/Xbox Series X|Sでの発売を予定しています。