スウェーデンのインディーデベロッパーMight and Delightは、オンラインRPG『Book of Travels』の早期アクセス開始を、海外時間10月11日より開始すると発表し、トレイラーを公開しました。

本ゲームは、一般的に知られる「MMO」に対し「TMO(Tiny Multiplayer Online)」を標榜し、小規模なプレイヤー数で構成される、おとぎ話の世界を舞台にしたオープンワールド作品。決められたストーリーやミッションの制限無しに、自由なロールプレイができること、キャラクターに死の概念が存在することが特徴に挙げられています。




6月当初早期アクセス開始を8月9日と予定するも、8月30日へと変更。その後クローズドベータテストで問題が発覚したことで一旦白紙へと戻され、今回バグの対応を経て、再び10月11日に決定しました。

早期アクセスは、最初のシーズンに当たる「チャプター0」で、開始から1か月間はプレイヤーのフィードバックを注視する為、コンテンツの追加は予定していないとのこと。早期アクセス開始時点でゲームの世界の広さやスキル数は、完成時のおよそ3分の1が実装。早期アクセス期間はおよそ2年が予定されています。

手描きによる映像も目を惹く『Book of Travels』は、PC/Mac/Linuxを対象とし、Steamにて早期アクセスを海外時間10月11日開始予定です。