インディーデベロッパーBlack Beach Studioは10月15日、VR専用アクション『IRON REBELLION』の早期アクセストレイラーを公開しました。

本ゲームは、2足歩行戦闘メカの操縦席視点で展開する、シングルとオンラインマルチプレイ対応作品。

この度、新たな映像の公開と共に、早期アクセスが数週間以内に開始されることが発表されました。

公開中のロードマップによれば、全てのマルチプレイコンテンツの完成時をバージョン1.0と定め、現時点で早期アクセスビルドの0.5の段階。敵を倒すまでの時間や、カバーリングオブジェクトの配置や密度、銃のリロード時間や弾数など、戦闘の基礎部分の調整が、1.0まで継続して取り組む課題として挙げられています。

今後は1.0までに4対4の対戦、様々な武器やメカクラス、マップ、コックピットの機能、ゲームモードの追加などを予定。バージョン1.5で、シングルプレイおよびプレイヤー同士で協力してエイリアンと戦うリプレイ性の高いCo-opモード「SURGE」の実装を予定しています。

なお、本作のオープンアルファのデモ版は2020年10月よりSteamストアページで無料配信中。チュートリアルと敵無しで操作を確認できるものと、ウェーブ制で迫る敵を倒すモードがプレイ可能。このデモ版の段階でもコックピットの雰囲気や操縦のしやすさ、上下に揺れながら歩くメカ的挙動や銃撃の爽快感など仕上がりが既に期待できるものとなっていることが確認できます。

コックピットのコントロールパネルをパチパチやりたいメカ好きユーザー注目の『IRON REBELLION』は、PCを対象にVR専用で2021年内にSteamにて早期アクセス開始予定。Oculus Questプラットフォーム向け単体起動版への対応も予定されています。