アメリカのSaber Interactiveと、カナダのiLLOGIKAは、新作ホラーアドベンチャー『A Quiet Place』を発表しました。

本ゲームは、日本国内でも2018年に初作が公開された、パラマウント・ピクチャーズによるアメリカのホラー映画シリーズ「クワイエット・プレイス」をベースにした、ストーリーメインのシングルプレイ作品となるとのこと。

映画では、ポストアポカリプス的世界を舞台に、音を立てると襲い掛かってくる生物と主人公らの家族との出来事が描かれましたが、ゲームにおいては映画の緊張感とサスペンス要素を表現した、オリジナルストーリーとゲームプレイが楽しめるとされています。

開発を担当するのは『レインボーシックス』や『ファークライ』シリーズを手掛けた開発者が所属するiLLOGIKAで、販売を『World War Z』を開発したSaber Interactiveが担当。発売は2022年を予定。

公開中の公式サイトはこちら。ゲームの詳細な情報は、年内に再度告知が行われる予定となっています。