イザナギゲームズはパズルアクション『ワールズエンドクラブ』の配信をSteamで開始しました。

本作はApple Arcadeやニンテンドースイッチ向けに発売しており、12人の個性豊かな少年少女の1,200kmの旅を壮大なストーリーと2D横スクロールパズルアクションで楽しむことができます。物語は修学旅行に向かう途中乗っていたバスの事故から始まり、閉園した海中の遊園地に連れ去られた少年少女たちが様々な出来事に巻き込まれていきます。

開発には『ダンガンロンパ』シリーズの小高和剛氏や、『極限脱出』シリーズの打越鋼太郎氏が参加したほか、『The Good Life』を手掛けたグランディングも参加しています。

『ワールズエンドクラブ』はSteamで配信中。なお、12月1日から7日間限定で30%OFFのローンチセール開催しています。