パブリッシャーMYTONAとデベロッパーFNTASTICは非対称対戦ホラー『Propnight』について、日本語への対応を含んだアップデートPatch 1.0.2を配信しました。

本作は、周囲にある小物に変身できる能力を持つ4人のサバイバーとそれぞれが異なる能力を持つ1人のキラーに分かれて戦う非対称型の対戦ホラー。サバイバー側は脱出用の扉を使用するためにマップ中に複数存在するプロップマシーンを修理する必要が。逆にキラー側の目標は、プロップマシーンの修理が完了しサバイバーが脱出してしまう前に全員を追い詰めることです。

Patch 1.0.2では日本語を含む複数の言語に新たに対応。そのほか、カスタムゲームでの招待システムの利便性向上や生存者の調整、複数のバグ修正などが行われています。パッチノート全文はこちら(リンク先英語)でご確認ください。

『Propnight』はSteamにて2,050円(税込)で配信中。なお、FNTASTICの公式Twitterアカウントでは今後の展開を示唆していると思しき画像が公開されています。