『PUBG: BATTLEGROUNDS』で知られる韓国のインディデベロッパーKRAFTONは12月7日、新作タクティカル・シューター『Thunder Tier One』を発売し、トレイラーを公開しました。

本ゲームは、見下ろし視点で展開するシングル・オンライン最大4人協力・最大8人対戦マルチプレイ対応作品。

プレイヤーは、ソ連崩壊後の90年代である東欧の架空の国「サロビア」を舞台に、エリート特殊作戦チームを率いてテロ組織と戦います。リアルに重点を置き開発された本作では、銃器にはそれぞれ操作性、有効射程、精度が設けられ、物体の貫通、貫通した際のダメージや弾道、射撃対象の装甲の影響、銃弾の初速および弾の重さの影響等が表現されているとのこと。

また、武器とそのアタッチメント、弾の種類、アーマー、グレネード、ツール、服の迷彩をミッションごとに選定可能といったカスタマイズも用意。発売後は、プレイヤーにより、マップやミッション、武器やゲームモードなどが作成可能なSteam Workshopを利用したMod対応も予定しています。

ストーリーキャンペーンは9つのミッションで構成され、オンラインによる4人での協力プレイ、3人のAIを伴ったソロプレイに対応。

対戦は、4対4で制限時間内に目標物を伴い脱出を狙う側と、阻止する側で戦う「Exfil」、4対4で複数のセクターの確保による勝利を先に目指す「Advance & Secure」、最大8人による全員敵の「Death Match」が用意。これに加え最大4人のプレイヤーが協力して爆発物を解除し、敵AIの迎撃を行うPvEモード「Domination」も遊べます。

『PUBG』開発者が2016年に始めた個人的なプロジェクトが発展し完成となった『Thunder Tier One』は、PCを対象としSteamにて2,050円で配信中です。