●Windows Central: 100/100(XSX)本作は、私の期待を完全に上回る驚異的なゲームだ。刺激的な新要素と『Halo』の伝統的な要素をシームレスに融合させることで、343 Industriesは彼らによる最高傑作を作り上げたのだ。
●NME: 100/100(PC)
●Game Informer: 93/100(XSX)多くの人と同様、私も本作が発売時に協力型マルチプレイヤーを提供しないことを残念に思っているが、それは協力型マルチプレイヤーこそが本シリーズのアイデンティティだったからだ。省略されているのは残念だが、私は今目の前にあるゲームを評価しなければならず、あったらいいなと思う機能で評価すべきではないだろう。そういった意味で、本作は大成功と言える。大規模でミステリアスなSFアドベンチャーを楽しみたい人も、激しいPvPを楽しみたい人も、本作は重要な部分をしっかりと押さえており、ゲーム界で最も認知度の高い主力作品の1つに新たな時代の到来を告げるものとなっている。
●MondoXbox: 90/100(XSX)
●IGN: 90/100(XSX)本作のシングルプレイヤーキャンペーンは、まさにこのシリーズが必要としていたものだ。マスターチーフのユニークで満足度の高い戦闘スタイルを最大限に引き出しつつ、古いアイデアを活用して記憶に残る新たな瞬間を生み出している。ストーリーは新規プレイヤーにもベテランプレイヤーにも物足りないが、6年間待った甲斐があったというものだ。
●DualShockers: 90/100(XSX)
●Guardian: 80/100(XSX)
●EGM: 80/100(XSX)本作は、本シリーズの長い歴史という重責を見事に果たしている。本作のキャンペーンのストーリーのように、開発元の343 Industriesがマスターチーフのミョルニル・アーマーを重荷に感じているようなことも時にはあるようだが、オープンワールドのような環境やグラップルショットのような大胆なデザインが採用されており、刺激的で新しい印象を与えている。マルチプレイヤーは、長年のファンを満足させるために少し無難に作られているかもしれないが、もし「昔の『Halo』のようだ」というのが一番の悪口になるのであれば、(彼らの選択は)正しかったと言えるだろう。『Halo』ファンのために作られた『Halo』だが、新鮮さを保つための十分な新しさがある。
●Screen Rant: 70/100(XSX)
●Attack of the Fanboy: 70/100(PC)本作は、シングルプレイヤーとしてはやや物足りないかもしれないが、343 Industriesがローンチ時の問題に迅速に対処できれば、マルチプレイヤーには大きな期待が持てる。

PC/XSX/Xbox Oneを対象に日本時間12月9日午前3時発売予定の『Halo Infinite』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PC版が82点(総レビュー数24件)、XSX版が86点(総レビュー数79件)、Xbox One版が判定不可(総レビュー数0件)をマークしています。

『Halo Infinite』は、大人気FPSシリーズ最新作。基本プレイ無料のマルチプレイヤー版はすでに配信されており、本作ではキャンペーンモードを楽しめます。なお、キャンペーンマルチプレイヤーおよびマップエディタは、ローンチ時には実装されません。メディアレビューでは、新しさと『Halo』らしさの融合や、大作ならではのクオリティの高さが高評価に繋がっているようです。

『Halo Infinite』は、PC/XSX/Xbox Oneを対象に日本時間12月9日午前3時発売予定です。