インディーゲーム発表イベント「INDIE Live Expo 2022」にて、モバイル向けに配信中の『SOULVARS』のPC/コンソール向け移植及び、前日譚となる新作『SOULVARS FATAL ERROR』の制作開始が発表されました。

本作は、インディーゲーム開発者であるジーノ氏のスタジオ「ginolabo」がソロで開発するデッキビルドRPG。モバイル向けに発売されていましたが、この度集英社ゲームズとタッグを組みPC/コンソール版の配信が決定しました。配信時期は未定であるものの、モバイルで高評価のデッキビルドRPGを大きな画面で楽しめるようになります。縦画面に最適化されていたゲーム画面が横画面でのプレイに最適化されるとのことです。

本作の戦闘は、ギア(装備)に宿る魂の力をデータ化したソウルビットと呼ばれる手札をデッキのように組み合わせ、メイン、サブ、アーマー、アクセサリのギアを戦略的に組み立てて戦います。戦闘中に必殺技を自由に組み立てて連続技を繰り出すことや、ソウルビットの組み合わせによってはアーツというスキルを発動することもできます。プレイヤーは3人パーティで戦闘に挑むため、ソロとはひと味違ったダイナミックな戦略が楽しめます。

公式の想定シナリオクリア時間14時間〜20時間、クリア後のやり込み要素50時間〜100時間以上とされており、かなり骨太な体験が楽しめるのではないでしょうか。モバイル版は各ストアで約130〜140件のレビュー中星4.6/5を獲得しています。

そして今回さらに、前日譚を描く新作の発売も決定。タイトルは『SOULVARS FATAL ERROR』となり、「裁くのは其の魂」というコピーとキーアートが公開されました。

『SOUL VARS』は、現在iOS/Android向けに610円で配信中。PC/コンソール版の配信時期は不明です。また、『SOULVARS FATAL ERROR』の対応プラットフォームや発売時期も記事執筆時点で不明です。