RockGameは、Estudios Kremlinoisの開発する都市建設シミュレーション『Urbek City Builder』の7月13日の発売日を告知するトレイラーを公開しました。

本ゲームは、見下ろし視点で操作する形式のシングルプレイ作品。

マップ上の資源を用いて都市を建設しよう
本作では通貨が存在せず、食料や燃料、電力や労働者など、30種以上の必要なリソースを、住民や産業を用いたり、周囲の環境を通して全て自分でまかなうことで、都市を拡大していくのが特徴となっています。

住民目線で都市を観察可能
ボクセル形式で表現される街並みは、建設指示を出す見下ろし視点で眺めるだけでなく、住民視点で実際に歩き回ったり、より自由な視点から観察ができます。

無料のプロローグ版配信中
現在こちらのSteamストアページで、本作の試遊が可能な無料のプロローグ版を配信中。このバージョンでは日本語が収録されていないものの、製品版では対応される予定です。

都市建設シムファン要注目の『Urbek City Builder』は、PCを対象としSteamにて海外時間7月13日に発売予定です。