Fireshine Gamesは、Pugstormが手がけるサンドボックスアドベンチャー『Core Keeper』の販売本数が100万本を突破したことを明らかにしました。

本作は広大な地下世界に閉じ込められた人物として、採掘や農作業、クラフトなどで生活を豊かにしつつ古代の謎を解明すべく探索を進めるサンドボックスアドベンチャーゲーム。オンラインプレイに対応しており、最大8人で巨大なモンスターとの戦いや釣り、新たなレシピの発見など様々な活動を楽しめます。

そんな本作は早期アクセス開始直後からユーザーの注目を集め、開始からわずか2日で10万本を売り上げFireshine Games史上最速記録を達成。6月15日は本作初の大型アップデートとなる「沈んだ海」を配信し、正式に日本語に対応しています。そして、早期アクセス開始からおよそ4か月となる6月30日に販売本数が100万本を突破していることが公表されました。

また、この発表に合わせてFireshine GamesのマーケティングディレクターSarah Hoeksma氏は、コミュニティーの愛と多くの新規プレイヤーに本作を届けようとしてくれていることに感謝を示し、早期アクセス以降好意的な反応に圧倒されておりさらにエキサイティングなアップデート計画を公開することを楽しみにしているとのコメントを公開しています。

『Core Keeper』はSteamにて1,320円(税込)で早期アクセス中。7月8日までの期間限定で10%オフの1,188円(税込)で販売されています。