マンガやアニメグッズ、同人誌等の流通販売および店舗運営事業を行う「とらのあな」について、秋葉原店Aなど複数店舗を8月で閉店することを発表しました。

「とらのあな」は現在、Twitterのトレンドにもなっています。発表によると、2022年8月31日をもって「秋葉原店A」「新宿店」「千葉店」「なんば店」「梅田店」の5店舗が閉店するとのこと。さらに昨年から再出店を模索していたという名古屋店においても、出店を断念したといいます。これらの原因として、2020年より店舗事業において受けているコロナ禍の影響が、現時点で改善する気配をみせていないことを挙げています。

しかし、池袋店においては引き続き女性向同人誌を中心に運営を継続していくほか、直営店の販売は一旦縮小となるものの、一昨年から取り組んできたin shop事業は現時点で10拠点を越える展開となっており、さらに7月、8月、9月には富山県、愛知県、静岡県に新規出店を予定していることを報告。通販・Fantia事業も大きく成長しており、今後も厳しい情勢が続くことを考慮して、短期的には通販・Fantiaを中心としたDX事業に注力するという方針を明らかにしました。

最後は池袋店やin shopなどの実店舗、通信販売・Fantiaといった既存のデジタルサービスに加え、とら婚も含めてクリエイターへの支援を拡大していく考えを示しています。なお、閉店に伴う利用者やサークルに対するサービス変更に関しては、後日改めて発表するとしています。

※UPDATE(2022/7/5 17:25):公式からの発表が行われたため、見出し・記事に追記修正を行いました。