ものによっては1枚で約4億3,900万円とも約6億4,000万円ともなるポケモンカードですが、こういったポケモンカードを盗んだ男があろうことか母親の家に盗品を隠していたという事件が発生しました。

ロンドン最北部に位置するインフィールド区を基盤に、オンラインにてテーブルトップゲームとトレーディングカードゲームを主に扱うMagic Madhouseですが、この倉庫で働いていたKyriacos Christouは、何ヶ月にもおよび仕事場から商品であるポケモンカードをくすねていたそうです。

初めのうちは目録が未作成のものが盗まれていたそうですが、やがて特別な記録がなされたカードも盗むように。

盗難に気がついたオーナーがeBayを眺めてみたところ、自倉庫からの盗品と思しきカードを発見。そして隠しカメラの設置により犯人の特定に至ったとのことです。

The Daily Starの報道によれば、ChristouのeBayストアではブースターボックスで520ポンド(約83,400円)、22種類のレアホロコレクションで450ポンド(約72,000円)、そしてファーストエディションのルギア1枚で1,000ポンド(約16万円)だったそうです。

そして、盗品であるそれらを隠していたのがなんと母親の家。警察がMagic MadhouseのオーナーであるMichael Dukeさんに語ったところによれば、「キッチンからリビングに至るまで、家中のありとあらゆる場所にカードがあった」そうで、どれが盗品か判別するのに苦労するほどだったとか。そして最終的には、ベッドルームで対象のカードが発見されたとのこと。

現在のところ、推定被害額は明らかになっているものだけで61,797ポンド(約992万円)、加えて9,519ポンド(約150万円)ほどが未だ不明確とのことです。

金目のものといえば、貴金属や宝石、それに時計といったものを想像しがちですが、いまやトレカまで盗まれるようになってしまった今日この頃。ぜひ収集家の方は防犯にお気をつけください。

※UPDATE(2022/8/15 23:13):記事公開時のタイトルの誤りを修正し、再公開しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。