ライアットゲームズは、休止アカウントの一部を削除すると発表しました。

同社はMOBA『League of Legends』やタクティカルシューター『VALORANT』で知られ、ライアットアカウントではそれらゲームをプレイしたり、モバイル版のあるゲームをPC版と同期させたりすることができます。

今回の発表では休止状態にあるアカウントの一部を削除するとのこと。これは「休止というプレイヤーの選択とプライバシーを尊重したい」という理由によるもので、いつでも新しいアカウントを作成して復帰することもできるということです。

対象となる休止アカウントとは「ライアットのゲーム、アプリケーション、またはライアットの公式ウェブサイトに3年以上ログインしていない」アカウントであるとのことで、さらに以下の条件を全て満たす場合に削除対象となります。

アカウントが休止状態である(休止状態の詳細は、上記をご確認ください)
アカウント作成時から、ゲーム内通貨を一度も購入していない
アカウント作成時から、ゲーム内通貨を一度も受け取っていない
プレイ時間が20時間未満である
希少な限定版の特典や権限を保有していない


またアカウントが削除対象となった場合は登録メールアドレスへとメールが送られますが、アカウントにログインしてオプトアウト(拒否)することもできます。

詳しい告知内容はこちらの公式サイトにて確認することが可能。休止アカウントの削除は今後数カ月のうちに開始されるとのことです。