パブリッシャーのMerge Gamesは、デベロッパーStill Running開発のアクションアドベンチャー続編『Morbid: The Lords of Ire』体験版の配信を開始しました。

ゲームの仕様や特徴
本ゲームは、同開発元が手掛けた2020年発売の2Dアクションアドベンチャー『Morbid: The Seven Acolytes』の続編に当たるシングルプレイ作品。

今作では映像表現が過去の2Dから一変し3D化。王国を救った前作より数年後を舞台に、引き続き英雄ストライバーとして、邪悪な神々ガハールに対峙することになります。前作同様ホラーとゴア表現も特徴の1つに挙げられています。

無料体験版配信開始
この度、予告されていた無料体験版の配信が、PCを対象としSteamにて開始されました。操作や攻撃動作の指南と共に、製品版の最初のステージを楽しむことができます。本体験版は英語表示に留まりますが、製品版では日本語にも対応する予定となっています。

前作ファンや激しい戦闘を好む3Dアクションファン注目の『Morbid: The Lords of Ire』製品版は、PC(Epic Games Store/Steam)/PS5/Xbox Series X|S/ニンテンドースイッチを対象とし、2024年に発売予定。

前作『Morbid: The Seven Acolytes』のSteam版が、12月12日まで80%オフの514円となるセールも実施中です。