『Mortal Kombat 11』プロデューサーがスイッチ版について語る―「本当に素晴らしいものになる」

『Mortal Kombat 11』プロデューサーがスイッチ版について語る―「本当に素晴らしいものになる」


先日、ロンドンのイベントにてお披露目となった人気対戦格闘ゲームシリーズ最新作『Mortal Kombat 11』ですが、プロデューサーのTrevor Traub氏はGameRevolutionによるインタビューにて本作のニンテンドースイッチ版について語りました。

Traub氏は「スイッチ版がとても好きで思った以上にJoy-Conが気に入っている。できるだけ多くの人に届けたい。だから私達はその機会を利用する」と述べるとともに、多くの人が気になっている他機種版とのクオリティの差にも言及。

スイッチ版では特有のジオメトリ削減があるとしながらも、最終的な製品は本当に素晴らしいものになると語っています。なお、スイッチ版の開発はShiver Entertainmentが担当(PC版の開発も支援)。他機種版と同時に開発されており、リードプラットホームは無いと伝えています。

2007年発売の『Mortal Kombat: Armageddon』以来、10年以上ぶりの任天堂プラットフォームでの登場となる『Mortal Kombat 11』。先日にはスイッチ版のみ発売が遅れるのではないかとの噂が浮上していましたが、その件については現時点で確認されていません。


関連ニュースをもっと見る

『Mortal Kombat 11』プロデューサーがスイッチ版について語る―「本当に素晴らしいものになる」

関連記事

Game*Sparkの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索