BBCとSky Newsは、テキサスに住むDia Lathoraさんがイギリス在住のゲームフレンドであるAidan Jacksonさんの命をオンライン経由で救ったと報じました。

報道によると事件が発生した当日、二人はオンラインを通じてチャットを楽しんでおり、Jacksonさんは自宅ベッドで横になってマイク越しに会話していました。しばらく経って彼の反応が無くなり始めたとき、Lathoraさんは「何か様子がおかしい」と感じたそうです。

LathoraさんはJacksonさんの住所を知っていたため、イギリス北西部のCheshire州Widnesの公共安全サービスに国際電話をかけました。この連絡から警察と救急車がJacksonさんの自宅へ急行。隊員たちが母親に状況説明をして部屋に入ると、発作を起こしている彼が発見されたとのことです。「次に目を覚ましたら、警察と両親がぼくの部屋にいて“発作が起きてたぞ!”と言ってきたんです」とはJacksonさんのコメント。

彼の母親であるCarolineさんは当初、警察から「この住所に意識不明の疑いがある男性がいると通報を受けた」と説明されたと語ります。その後Jacksonさんは病院に搬送され、同日中に検査をいくつか受けて無事帰宅することができました。

後にJacksonさんはLathoraさんに連絡を取り、その会話の中で何度も何度も「ありがとう」と感謝を伝えたと語ります。またCarolineさんは「ふたりの距離が4,750マイルも離れていることを考えれば、Lathoraさんと緊急サービスの皆さんには感謝してもしきれない」と話しました。