新しい学校、新しい職場、そんな新しい出会いが多い季節。期待もあるけどちょっぴり不安、心がザワザワしやすいのも4月の特徴ですよね。

美容師のmiyuriさんによると、そんな4月は「ガラッとイメージを変えてしまおうかな」というお客様が多いそう。新しい環境になる前に気合いを入れるために短く切りたいというオーダーが増えるのだとか。

ですが、「自分でスタイリングできるか不安」「失敗したらどうしよう」と髪を短く切るのには勇気がいりますよね。そこで今回はmiyuriさんが、そんなお悩みを解決するべく、結べる長さを残したショートを教えてくれました。

1:丸みショート

出典: GATTA(ガッタ)

軽さと重さのバランスがちょうどいい丸みショート。短めではありますが、ある程度表面の長さが残っているため、結ぶことも可能です。

ちょこんと毛先がでるような感じにカットすれば、アレンジしなくてもおしゃれで可愛くまとまりますよ。

2:顔まわりウルフのショートボブ

出典: GATTA(ガッタ)

次に、顔まわりにレイヤーを入れているショートボブです。全体の長さはある程度残しておいて、顔まわりだけ切り込んだヘアスタイル。

ふわっとスタイリングしやすいため、顔まわりだけみたらショートっぽく、横からみるとショートボブに。結ぶときは顔まわりの髪の毛を多めにだして動きをつけると、また違った雰囲気が楽しめるのでおすすめです。

大人っぽくも、可愛さも仕上がるので、実は筆者自身も自分でオーダーするほどこのヘアスタイルがお気に入り!

3:肩上軽めショートボブ

出典: GATTA(ガッタ)

動きのある質感がたっぷり活かせる肩上軽めショート。紹介したヘアスタイルの中で1番長めではありますが、質感が軽いためあまり長さを感じないヘアスタイルです。

軽さがあると、髪の毛同士に隙間ができるので春らしい透明感を演出できます。

このくらいの長さを残すのであれば、ピシッとタイトに結ぶのもおしゃれです。オフィスカジュアルな服とも相性ばっちり! たまにはかっこいい雰囲気に挑戦するのもアリだと思いますよ。

 

今回は、結べる長さだから失敗しにくい、3つのおしゃれショートヘアをご紹介しました。

新学期にあわせて新しい自分で、新しい環境に飛び込んでみませんか? ヘアも心も軽くいきましょう!