◇米国女子◇キャンビア ポートランドクラシック 2日目(19日)◇コロンビアエッジウォーターCC (オレゴン州)◇6478yd(パー72)

初日日没サスペンデッドで最終18番のプレーを持ち越した渋野日向子はこのホールをパーとして5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」で第1ラウンドを終了。1アンダーから第2ラウンドをスタートさせ、出だし10番(パー5)でバーディを奪った。

4オーバーから出た山口すず夏は7ホールを終えてスコアを1つ落とし、3オーバーから出た上原彩子は6ホールをいずれもパー。

2オーバーの河本結は午後0時26分(日本時間20日午前4時26分)、同じく2オーバーの野村敏京は午後1時54分(同午前5時54分)にティオフを予定。

ギャビー・ロペス(メキシコ)とエイミー・オルソンがともに4ホールを終えて通算7アンダーの首位で並んでいる。

大会は米国西部の山火事による大気汚染の影響で1日遅れて開幕。4日間の開催を予定していたが、3日間54ホールに短縮された。