◇国内女子メジャー第3戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 事前(25日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6543yd(パー72)

12月10日に開幕する海外メジャー「全米女子オープン」(テキサス州チャンピオンズGC)に繰り上がりで出場権を得た三ヶ島かなが25日、国内ツアー最終戦の会場で「チャンスはいつくるかわからない」から、と迷いなく出場を決めた経緯を明かした。

10 日ほど前にウェイティング19 番目といわれ、「出場できるかも、とソワソワしていた」といい、朗報が届いたのは前日24日。「鼻に突っ込むPCR検査が不安なだけで、あとは楽しむ。全部楽しみ」と初の海外メジャーへ胸を躍らせる。

もともと、海外への興味は全くなかったが、24位だった昨年の日米ツアー共催の「TOTOジャパンクラシック」で最終日に元世界ランキング1位のリディア・コー(ニュージーランド)と同組でラウンド。「すごく海外を感じられた」という。気になりかけていたところで、「次の年に運よく出場できるので、うれしいですね」と喜んだ。

今年は8月の「ニトリレディス」で3位に入ったのが唯一のベスト10入りで、ゴルフは「ここ2カ月、調子がよくない」が、「(全米が)舞い込んでできたので、もう少しがんばってみようかなと。モチベーションアップにかなりつながっています」と意欲満々。「行かない後悔より行って後悔するほうがいいと思っています。 だって、あした何が起きるかわからない」と前向きに話した。