◇メジャー第5戦◇全米オープン 3日目(19日)◇トーリーパインズGCサウスC(カリフォルニア州)◇7652yd(パー71)

コースの向こうに見える太平洋上を覆う乳白色のもやのように、思うようにいかないもどかしさが松山英樹の周りから離れなかった。ムービングデーの3日目、松山は3バーディ、6ボギーの「74」。通算6オーバーとして、54位へと後退した。

アダム・スコット(オーストラリア)との2サムでティオフ。1番で8mのバーディパットを沈めて気持ち良く第3ラウンドの幕は上がったが、3番(パー3)でグリーン右の段下から3パットのボギーとし、左手の崖下から波音が聞こえる4番では、ティショットを左に曲げて連続ボギー。5番で2.5mのバーディチャンスを決めきれず、7番でも3パットのボギーとし、追撃態勢は早々に崩れていった。

「スタートは良かったけど、3番とか、5番、7番でミスしているので、なかなかその後も思うように打てなかった」と振り返った松山。その後は9番、18番と2つのパー5でバーディを奪ったものの、12番でこの日3度目の3パットボギーを喫するなど、後半も3ボギーをたたいて、スコアを伸ばすことはできなかった。

「良くなりそうでなかなか…。流れが悪いのか何なのか、プレーしていると、ちょっとずつ良くない方向に行ってしまう」と悔しさをにじませた松山。それでも、「マスターズ」直前に一つのきっかけでゴルフが劇的に好転したことは、我々の記憶にも新しい。

「練習して、きっかけをつかんで、あすのラウンドで頑張りたい」と言い残し、パッティンググリーンへと向かい、目澤秀憲コーチとともに地道な反復練習を繰り返した。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)