アメリカンフットボールのNFLで殿堂入りした伝説のクォーターバック、ペイトン・マニングは、この水曜日に「メモリアルトーナメント」のゴールデンベアプロアマにて、俳優のクリス・プラット、そしてロリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)とともにミュアフィールドビレッジGCをラウンドした。

これだけのスターがそろったペアリングとなったにも関わらず、その中で最も注目を集めたのはペイトン・マニングのパターだったかもしれない。

同日、GolfWRX.comはマニングがバックバンパーに「SB 41.50 PM 18」と刻印された、ハイエンドなスコッティキャメロン コンセプト1スーパーラット カスタムパターを使用しているのを目撃した。「SB 41.50」はマニングがインディアナポリス・コルツ時代に制した第41回スーパーボウルとデンバー・ブロンコス時代に制覇した第50回スーパーボウルを意味し、「PM 18」はマニングのイニシャルとNFLでの輝かしいキャリアを通じて着用した背番号18に由来する。

スーパーボウル2勝というマニングの経歴を持ってすれば、光り輝くカスタムパターにその功績を見せつけるのも当然と言えるかもしれない。

GolfWRX.comが確認したマニングのクラブセッティングは以下の通り。

ドライバー:キャロウェイ パラダイムAiスモーク トリプルダイヤモンド(10.5度)

シャフト:藤倉コンポジット ベンタスブルー

3番ウッド:キャロウェイ パラダイムAiスモーク マックス(3番HL16.5度)、キャロウェイ パラダイムAiスモーク(5番18度)

シャフト:藤倉コンポジット ベンタスブルー

アイアン:キャロウェイ エイペックス(4番〜PW、AW)

シャフト:エアロテック スチールファイバー

ウェッジ:キャロウェイ ジョーズ(54度)、キャロウェイ ジョーズ メッキなし(60度)

パター:スコッティキャメロン コンセプト1スーパーラット“SB 41.50 PM 18” GSSカスタム

(協力/ GolfWRX, PGATOUR.com)