◇米国女子◇マイヤーLPGAクラシック for Simply Give 3日目(15日)◇ブライズフィールドCC(ミシガン州)◇6556yd(パー72)

渋野日向子がトップと3打差の通算9アンダーでハーフターンした。

通算7アンダーの首位と4打差10位から出て、スタート1番でティショットを曲げてボギーを叩いたが、4番(パー5)で今季2個目のイーグルを奪取。8番(パー5)でもバーディ。アウトの2つのパー5でスコアを伸ばし、通算9アンダーで後半に入った。

古江彩佳は11ホールを終えて、1つ伸ばし通算7アンダー。西村優菜は12ホールを終えてパープレーで通算6アンダー。

今季限りでツアー第一線からの撤退を表明したレキシー・トンプソンが25位から出て、4番から8番イーグルを含んで6連続でスコアを伸ばしてアウト「29」の猛チャージ。13ホールを終えて、通算12アンダーの首位に浮上している。