前年覇者の池田勇太は113位で予選落ち アマ中島啓太らも無念

前年覇者の池田勇太は113位で予選落ち アマ中島啓太らも無念

◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 2日目(12日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71)

前年覇者の池田勇太が2日間で姿を消した。98位で10番から出ると、序盤の11番でトリプルボギーが先行。15番、16番でもダブルボギーをたたいて「79」と崩れ、通算11オーバーの113位で予選落ちとなった。

11番ではティショットを右の林に入れ、2打目は出すだけ。3打目をガードバンカーに入れる4オン3パットでつまずいた。15番、16番では連続ダボ。崩れた原因は「わからない。別に悪いゴルフしているわけじゃないですし、コースが合わなかっただけかな」としたが、バーディは4番(パー5)で奪ったひとつのみ。上がり2ホールでも連続ボギーをたたいた。一昨年の賞金王は「内容とかそういう問題じゃありません」と言い残し、クラブハウスを去った。

アジア大会の個人・団体で金メダルを獲得した注目のアマチュア、中島啓太(代々木高3年)も、カットラインに1打届かない通算3オーバーで決勝進出は叶わなかった。「フェアウェイキープは悪くなかったけど、ちゃんとマネジメントができなくてスコアを崩してしまいました」と敗因を分析した。それでも、予選2日間をアダム・スコット(オーストラリア)と同組でプレーしたことは大きな経験。「マスターズ」王者の印象について「マネジメントは自分の目指しているものでしたし、紳士的で人間的にも素晴らしかった」と口にした。

2016年、17年と「日本オープン」最年長予選通過記録を更新していた63歳の室田淳は、上がりを3連続ボギーとし、カットラインに3打足らない通算5オーバーの78位で3年連続での記録更新とはならなかった。賞金ランキング4位の星野陸也(通算4オーバー74位)、同6位の秋吉翔太(通算5オーバー)、昨季賞金王の宮里優作(通算9オーバー107位)も2日間でコースを去ることになった。(神奈川県横浜市/柴田雄平)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索