選手会長・石川遼らが即席サイン会 競技順延でギャラリーサービス

選手会長・石川遼らが即席サイン会 競技順延でギャラリーサービス

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(9日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7,262 yd(パー70)

午前11時過ぎから降り始めた雨は、午後になってその勢いを増して12時48分にプレー中断。そのまま14時30分に、第2ラウンドのサスペンデッドが決定した。

中断が決まると、選手会はクラブハウス前で即席サイン会を実施した。参加したのは、選手会長の石川遼のほか、堀川未来夢、秋吉翔太、今平周吾、薗田峻輔、キム・キョンテ(韓国)の6選手。雨傘を持って並んだギャラリー1人1人に、丁寧に対応した。

この日、5オーバーから出た石川は、パー5からパー4に変更された難度の高い前半6番でティショットを左の林に打ち込み、脱出に2打を要して5オン2パットのトリプルボギー。一時は通算8オーバーまで落としたが、9番、10番と連続バーディで巻き返しに掛かった直後の中断だった。

石川は「良いゴルフができているので、あすも最後まであきらめずに頑張りたい。雨でギャラリーの方も残念だっただろうなと思いますが、あすも応援していただければ幸いです」とコメント。あすは暫定67位から残り8ホールで、まずは予選通過となる60位以内を目指す。

一方、12番までに4バーディ、3ボギーとスコアを伸ばして通算7アンダーの暫定首位タイにつける秋吉は、「雨の中1アンダーなので、そんなに悪いゴルフじゃない」と納得の表情。「あすも気持ちを切らさずプレーしたい」と意気込んだが、宿舎に戻ればまた別の楽しみもある。

「ゲームをします。プレステ4(プレイステーション4)を持ってきているので」と、大好きな『コール オブ デューティ ブラックオプス4』というシューティングゲームを満喫するつもりだという。「ゴルフにつながるとか、そういうことは全然ないですけどね」と笑ったが、気分転換にはなるはずだ。(静岡県御殿場市/今岡涼太)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索