マスターズ出場決定の今平周吾が4位発進 松山英樹は出遅れる

マスターズ出場決定の今平周吾が4位発進 松山英樹は出遅れる

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 初日(10日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

日本勢7人が出場する2019年の米ツアー第2戦。初優勝を目指す25歳のアダム・スベンソン(カナダ)が1イーグル、7バーディの「61」でプレーし、9アンダーの単独首位とした。8アンダーの1打差2位にアンドリュー・パットナムが続いている。

昨年の国内ツアー賞金王で、マスターズ出場が決まった今平周吾は7バーディ、2ボギーの「65」でまわり、5アンダー4位の好スタート。また、星野陸也も5バーディ、1ボギーの「66」でプレーし、4アンダー7位とトップ10圏内につけている。

松山英樹は5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「69」でプレー。1アンダー52位と出遅れた。稲森佑貴も同じく1アンダー52位。小平智、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大2年)は1オーバー89位、池田勇太は2オーバー112位で初日を終えている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索