稲森佑貴と星野陸也は“平場”米ツアーで予選通過

稲森佑貴と星野陸也は“平場”米ツアーで予選通過

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 2日目(11日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

昨年の国内ツアーで初優勝した稲森佑貴と星野陸也が予選通過した。稲森は「68」と伸ばし通算3アンダーの46位タイ、星野は「72」と落としながら通算2アンダーの65位タイ。ともにメジャーや世界ゴルフ選手権(WGC)シリーズを除く“平場”のPGAツアーは初出場も決勝に進んだ。

稲森は安堵の笑みで「上出来かなと思う」。前半18番(パー5)にはトラブルに見舞われた。1Wの第1打が、せり出す木の枝に当たった。「木の右からドローをかけようと思ったら、少し左に出た」。ティから138yd地点の左ラフに落ち、2打目は5Wでバンカーに入れた。「3打目をUTでグリーン周りにいってパーを拾えた。そこから怖いモノなしですよ」とおどけた。

昨年10月「WGC HSBCチャンピオンズ」で米ツアー初出場。通算17オーバーで惨敗した経験は「今回もティフトン芝のラフ。生きていると思う」と述べた。飛距離こそ出ないが、安定感抜群のショット精度を誇る24歳にはうってつけのコース。カットラインを意識し「きょうはスイングであわせにいっているところがあったが、そこを振り切ってスコアを出せるように」と3日目を見据えた。

星野は当落選上でホールアウト。午前組で終え、「どうですかね。厳しいかもしれないです」と話したが、カットライン上で滑り込んだ。この日は序盤からグリーン上のラインが読み切れず、「悩んで、悩んでダメだった。昨日は入ってくれていたのに」と迷いが生じた。

前日より3回多い34パットに「グリーン上で悩んでいたらほかのことも迷った」と悪循環に陥り、終盤で2つ落とした。昨年6月の海外メジャー「全米オープン」以来になる米国での試合に22歳は「やっぱり詰めが甘いですね。中途半端な気持ちはダメ。こういうシビアな世界では。決めて打たないと。日本でも優勝争いに食い込めないのはそのせいかな」と反省した。

初の決勝ラウンドに残り「あとはやるだけ。攻めてビッグスコアを出したい」と誓った。(ハワイ州ホノルル/林洋平)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索