池田勇太は23位に後退 呉阿順が単独首位

池田勇太は23位に後退 呉阿順が単独首位

◇欧州&アジア共催◇ボルボ中国オープン 2日目(3日)◇ゲンゾンGC(中国)◇7145yd(パー72)

首位と1打差の4位から出た2015年覇者の呉阿順(中国)が8バーディ、1ボギーの「65」をマーク。通算13アンダーとして首位に立った。

1打差の12アンダー2位にタピオ・プルッカネン(フィンランド)、10アンダー3位にホルヘ・カンピージョ(スペイン)が続いた。

4アンダー15位から出た池田勇太は「71」とし、通算5アンダー23位に後退した。

市原弘大と宮里優作は通算イーブンパー84位、谷原秀人は通算5オーバー122位でいずれも予選落ち。川村昌弘は途中棄権した。


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索