コルホネンがプレーオフ制してツアー2勝目 池田勇太11位

コルホネンがプレーオフ制してツアー2勝目 池田勇太11位

◇欧州&アジア共催◇ボルボ中国オープン 最終日(5日)◇ゲンゾンGC(中国)◇7145yd(パー72)

ミッコ・コルホネン(フィンランド)が通算20アンダーでベンジャミン・エベール(フランス)とのプレーオフに突入。18番で行われた1ホール目でバーディを奪い、2018年6月の欧州ツアー「ショット・クロックマスターズ」以来の2勝目を飾った。

1打差の3位にホルヘ・カンピージョ(スペイン)、4打差の16アンダー4位に李昊桐(中国)が入った。

15アンダーの5位グループにミシェル・ロレンゾベラ、ロマン・ランガスク(ともにフランス)、デービッド・リプスキー、ジョーダン・スミス(イングランド)、呉阿順(中国)の5人が並んだ。

池田勇太は8バーディ、4ボギーの「68」でプレーし、通算13アンダー11位で4日間を終えた。


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索