日本ツアールーキーのカーミスが首位 1打差2位に宮本勝昌

日本ツアールーキーのカーミスが首位 1打差2位に宮本勝昌

◇国内男子◇中日クラウンズ 3日目(4日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70)

8位から出たピーター・カーミス(ギリシャ)が6バーディ、1ボギーの「65」とし、通算9アンダーの単独首位に浮上した。カーミスは昨年末のファイナルQTを7位で通過し、新たにツアーに加わった37歳。今季2試合目の出場で、ギリシャ人として初めての日本ツアー優勝に前進した。

キャディバッグには、47、52、56、60度と4本のウェッジが入る。「ウェッジは得意。でも、ここはまずフェアウェイキープが大事になる。フェアウェイに置ければ、ピンの近くに打っていける」とカーミスは言う。この3日間でフェアウェイキープ率は47.6%(36位)ながら、パーオン率(75.93%)とバーディ数(16個)はともに1位。「日本はコースもきれいだし、ギャラリーが多くてすばらしい。優勝争いができてさらにうれしいよ」と笑った。

通算8アンダーの2位に、「67」でプレーした46歳の宮本勝昌。最終18番のバーディで首位に1打差に迫り、大会初優勝のチャンスを引き寄せた。

通算7アンダーの3位に貞方章男とハン・ジュンゴン(韓国)。通算6アンダーの5位に重永亜斗夢とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いた。

アマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)は首位に2打差の8位からスタートし、2バーディ、3ボギーの「71」でプレー。出水田大二郎、今平周吾らと並ぶ通算3アンダーの12位に後退し、首位とは6打差に開いた。

<上位の成績>
1/−9/ピーター・カーミス
2/−8/宮本勝昌
3T/−7/貞方章男、ハン・ジュンゴン
5T/−6/ブラッド・ケネディ、重永亜斗夢
7/−5/マシュー・グリフィン


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索