ペ・ソンウが首位キープ 19歳アマ・吉田優利が2位に浮上

ペ・ソンウが首位キープ 19歳アマ・吉田優利が2位に浮上

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 2日目(10日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

国内女子メジャーの今季初戦は、初日に単独首位発進を決めたペ・ソンウ(韓国)がこの日も「70」と伸ばして通算6アンダーで首位をキープ。昨年の韓国女子ツアー賞金ランキング2位(年間2勝)で、今季から日本ツアーに本格参戦をしている25歳が、メジャー大会でツアー初優勝に向けて前進した。

インから出て11番でバーディ先行も14番でダブルボギー、15番でボギーをたたき「自分のプレーに失望した」。それでも18番(パー5)でグリーン右手前のバンカーから残り25ydの3打目を直接カップインさせてイーグルを奪い、切り替えた。「パッティングに救われた一日でした」と29パットに抑えたグリーン上も光った。

決勝ラウンドに向け「このコースは油断するとすぐに失敗につながる。あすはムービングデーなのでうまく流して最終日は攻撃的にいきたい」とドライビングレンジへ向かった。

1打差の2位で追うのは、アマチュアの吉田優利(日本ウェルネススポーツ大1年)と、渋野日向子、笠りつ子の3人。予選会を突破して今年の海外メジャー「全米女子オープン」出場を決めた吉田や、2週前の「フジサンケイレディス」で2位に入った渋野など、好調な選手たちが好位置につけている。

通算4アンダーの5位に、三ヶ島かなと穴井詩の2人。通算3アンダーの7位に、申ジエ(韓国)、佐伯三貴、小貫麗ら7人。昨年の「全英女子オープン」覇者のジョージア・ホール(イングランド)は、通算イーブンパーの24位で決勝ラウンドへ進出した。

<上位の成績>
1/−6/ペ・ソンウ
2T/−5/吉田優利(アマ)、渋野日向子、笠りつ子
5T/−4/穴井詩、三ヶ島かな
7T/−3/佐伯三貴、柏原明日架、カリス・デイビッドソン、大里桃子、小貫麗、申ジエ、テレサ・ルー


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索