20歳・渋野日向子がメジャーでツアー初優勝 涙の大会史上最年少V

20歳・渋野日向子がメジャーでツアー初優勝 涙の大会史上最年少V

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(12日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

首位から出た20歳の渋野日向子(しぶの・ひなこ)が4バーディ、3ボギーの「71」でプレー。通算12アンダーでツアー初優勝をメジャーで飾り、ホールアウト後は涙を流した。

20歳178日での優勝は2015年チョン・インジ(韓国)の20歳273日を更新する大会史上最年少Vとなった。

1打差2位にペ・ソンウ(韓国)がつけ、通算7アンダー3位に穴井詩。通算5アンダー4位にアマチュア吉田優利(日本ウェルネススポーツ大)と笠りつ子が並んだ。

通算4アンダー6位にペ・ヒギョン(韓国)、永井花奈、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)の3人。前年覇者の申ジエ(韓国)は通算イーブンパーの16位で終えた。

<上位成績>
1/−12/渋野日向子
2/−11/ペ・ソンウ
3/−7/穴井詩
4T/−5/吉田優利(アマチュア)、笠りつ子
6T/−4/ペ・ヒギョン、永井花奈、カリス・デイビッドソン


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索