25歳の浅地洋佑が単独首位で最終日へ 香妻陣一朗4位

25歳の浅地洋佑が単独首位で最終日へ 香妻陣一朗4位

◇国内男子◇アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフ 3日目(11日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7327yd(パー71)

初優勝を目指す浅地洋佑が6位から出て6バーディ、3ボギーの「68」でプレー。通算4アンダーとした25歳は月曜予選会(マンデートーナメント)から今大会の出場権を得て、本戦の最終日を前に単独首位に浮上した。

出だし1番で1.5mのチャンスを生かしてバーディ発進。5番では左サイドのバンカーから残り175ydを8Iでピン左2mにピタリと止めて、2つ目を決めた。バックナインはバーディとボギーが3つずつ。「後半は疲れました。7番で5mのパーパットが入ったのが大きかった。本当にラッキー。きょうは3日間で一番パッティングが良かった」と振り返った。

高校卒業前にプロ転向し、未勝利のままツアー参戦8年目に入った。昨年8月に入籍、今年3月に挙式した妻の智子さんが、この日は母・伸子さんとともに応援に駆け付けた。「うれしいですね。いつも日焼けを気にしているので、きょうは大丈夫かな…と思ってみていました」と気遣うほど、精神的にも大人になった。待望の瞬間に向け、初めて最終日最終組でプレーする。「緊張している自分を受け入れながらやりたい」と静かに語った。

1打差2位にデンゼル・イエレミア(ニュージーランド)とマイカ・ローレン・シン。香妻陣一朗が「71」でプレーし、スコット・ビンセント(ジンバブエ)、Y.E.ヤン(韓国)と並んで通算1アンダー4位とした。

通算イーブンパー7位に秋吉翔太、時松隆光、手嶋多一、池村寛世ら8人が並んだ。

<上位成績>
1/−4/浅地洋佑
2T/−3/D.イエレミア、M.L.シン
4T/−1/香妻陣一朗、S.ビンセント、Y.E.ヤン
7T/0/秋吉翔太、時松隆光、手嶋多一、池村寛世、J.クルーガー、キム・キョンテ、P.マークセン、呂偉智


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索