プロ8年目の浅地洋佑がツアー初優勝 1打差2位に19歳アマ米澤蓮

プロ8年目の浅地洋佑がツアー初優勝 1打差2位に19歳アマ米澤蓮

◇国内男子◇アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップゴルフ 最終日(12日)◇総武カントリークラブ 総武コース (千葉)◇7327yd(パー71)

単独首位で出たプロ8年目の25歳・浅地洋佑が1バーディ、2ボギーの「72」でプレーし、通算3アンダーとして逃げ切りでツアー初優勝を遂げた。大会を共同主管する日本ツアーとアジアンツアー双方のシード権、今季のメジャー最終戦「全英オープン」の出場権を獲得した。

主催者推薦選考会(マンデートーナメント)を通過して本戦に出場した選手による優勝は6人目。

1オーバー15位から出た19歳のアマチュア米澤蓮(東北福祉大2年)が5バーディ、2ボギーの「68」をマーク。マイカ・ローレン・シン(米国)と並び、通算2アンダーの2位で終えた。2011年の松山英樹以来となるアマ4人目のツアー優勝を1打差で逃したが、ローアマチュアに輝いた。

47歳のY.E.ヤン(韓国)とデンゼル・イエレミア(ニュージーランド)が通算1アンダーの4位に入った。

<主な最終成績>
優勝/―3/浅地洋佑
2T/―2/米澤蓮、マイカ・ローレン・シン
4T/―1/Y.E.ヤン、デンゼル・イエレミア
6T/0/ジャン・ドンキュ、スコット・ビンセント
8T/+1/チェ・ホソン、池村寛世、プラヤド・マークセン、ロイチ、香妻陣一朗


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索