松山英樹は27位で決勝へ 「61」のカン・スンが首位浮上

松山英樹は27位で決勝へ 「61」のカン・スンが首位浮上

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 2日目(10日)◇トリニティフォレストGC(テキサス州)◇7371yd(パー71)

4位から出たカン・スン(韓国)が、前半5番からの6連続を含む10バーディ、ボギーなしの「61」をマーク。コースレコードに並ぶビッグスコアをたたき出し、通算16アンダーとして単独首位に躍り出た。

通算12アンダーの2位にマット・エブリーとタイラー・ダンカン。通算11アンダーの4位にブルックス・ケプカが続いた。次週の「全米プロ」連覇がかかるケプカは「66」とし、伸ばし合いが続く上位争いから外れることなく好位置をキープした。

22位スタートの松山英樹は2バーディ、1ボギーとひとつ伸ばしたが、通算5アンダーの27位に後退して決勝ラウンドに進んだ。

推薦出場したアマチュアで元ナショナルフットボールリーグ(NFL)選手のトニー・ロモは、通算8オーバーで予選落ちした。

<上位の成績>
1/−16/カン・スン
2T/−12/マット・エブリー、タイラー・ダンカン
4/−11/ブルックス・ケプカ
5/−10/ロリー・サバティーニ

10T/−7/ジョーダン・スピース ほか
27T/−5/松山英樹 ほか


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索